教育資金を投資信託!!

投資信託

 

 

教育資金ていくらかかるの?

 

投資を始めたてのときに奥さんと話していたことです。

すっごい高度な教育をしたい訳ではない。

ですが、娘が描いた進路に向かう上で、お金が理由でその道を

断念しなきゃならないというのは、悲しい。

 

たぶん、世の中の親は同じようなことを考えて教育資金を貯めてるん

ですよね。わわパパ一家も頑張らねば。

 

必要な額

貯めておく資金としては、まとまった額が必要な大学の分を考えました。

(高校までは、家計から捻出。ぜひ、高校までは公立に行って欲しい。。。)

 

大学4年間で必要な金額を調べると、、、

国立516万円  私立文系688万円  私立理系803万円

(調べたサイト→http://hokensc.jp/gakushi/kyouikuhi.html

 

ただ、この金額は学校にかかる費用であって一人暮らしをするとなると、さらに高く。。。

「留学したい!!」なんて言い出したら、さらに、、、なかなか大変です。

とにかく、運用していくしかない!!訳です。

 

 

運用シュミレーション

学資保険も考えましたが、やはり利率が悪いと思い、断念。

(以前の投稿に書きました→http://wawapapa-fukugyou500man.com/?page=1&cid=2

 

そこで、リスクが少なく、長い時間をかけることで、資産を増やしていく

投資信託で行うことにしました。もちろん、投資信託だって危険だという

人がいるとは思います。何もしないよりは、良いかと思うのと、運用実績

を見ながら、修正は加えて行こうと考えました。

 

元金は、出産のご祝儀70万円と毎月1万円(児童手当のうちから)の積み立て。

毎月1万円でも、続ければ18歳までに216万円(12×18)です。

簡単にシュミレーションしてみると、、、

 

◎ご祝儀(70万円一括)+◎積み立て(毎月1万円で216万円)=  合計

年利3% 119万      年利3% 286万          =405万

5% 169万        5% 349万          =518万

7% 237万        7% 430万          =667万

 

※算出時のシュミレーター

一括  【野村證券】https://www.nomura.co.jp/learn/simulation/unyou.html

積み立て【楽天証券】https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

 

投資信託でよく言われるのは、3~5%くらいの利率。

仮に、5%だと518万円。国立なら、ギリギリ足りるという所です。

余裕を見るなら、毎月1万円ではなく、2万円にするべきなのかもしれませんね。

実際に運用してみて、この方法で良さそうか吟味してから、考えようと思います。

 

実際に運用

上手く行くか、全然自信がありませんが、2017年5月から上のプランで

やってみることにしました。

 

○投資信託選びの考え方

・分散

・手数料少なく

購入手数料0円(ノーロード)で信託報酬が少ないインデックスファンド

・分配金なし(自動で再投資型)

 

○その他に考えたこと

・ネット証券会社(楽天証券)

・NISA

・1年に1回(12月のボーナス時)にリバランス

 

○分散比率

国内株式  25% ひふみプラス

ニッセイTOPIXインデックスファンド

先進国株式 30% ニッセイ外国株式インデックスファンド

先進国債権 13% ニッセイ外国債券インデックスファンド

新興国株式 10% iFree新興国株式インデックスファンド

新興国債権 12% iFree新興国債権インデックスファンド

バランス  10% iFree8資産バランス

 

ひふみプラスは、アクティブファンドですが、

それ以外は、インデックスにしました。

果たして国内株式の比率はこれでよいか。債権25%ってのはどうか。

実際にやってみて、調整していくしかないかと思っています。

 

○1カ月の評価損益

+1万3500円

 

 

大事な娘の教育資金!

シュミレーション通りに運用できるよう、しっかり知識を身につけねば!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました