不動産投資を考え始めたきっかけ その2

 

保険屋さんから話を聞いてから、不動産投資のことばかり考えていました。

 

なぜなら、利率やお金の流動性、伴うリスクを考え始めたからです。

 

 

銀行に貯金していても利率が0.001%の時代。

 

100万円貯金して、1年間で100万1000円にしかならないのです。

 

でもアベノミクスと日本銀行は、1年間で物価の2%上昇を目指しています。

(現在、停滞感は否めませんが、、、)

 

簡単に考えると、100万円で買えてたものが、

 

1年後には、102万円出さないと買えなくなってしまうのです。

2年後には、104万円。3年後106万円。。。10年後122万円!!

 

だから、何もしなければ、持っているお金の価値はどんどん下がっていくということです。

 

「それなら、お金を寝かせておくのは勿体ない。」

 

私は、とてもケチケチ星人なので、勿体ないことにはとても敏感です。

 

しかも、世界経済は、およそ年3パーセントくらい成長しているので、

 

短期で見れば損をすることもあるが、長い目で見れば投資は得をするという

 

のです。ピケティの本でもそんな感じのことが載っていたような。

 

あと、10年以上前に読んだ有名な『金持ち父さん』にも「お金に働かせる」

 

ことの大切さを説いていたのを思い出しました。

 

今まで小難しくて、何か損するのが怖かったためにしていなかった

 

資産運用をするしかない!!

 

だって何もしなければ、損をするんですから!!

 

 

あと、恥ずかしい理由も1つあります。

 

それは、2008年に結婚してから、わわパパ一家が共働きにも関わらず、

 

全然貯蓄ができていなかったからです。

 

ボーナスの多くを貯金しても、毎月の収支が赤字なために、

 

ボーナス貯蓄分を食いつぶす。

 

やっと100万いったと思ったら、

 

どんどん目減りしていき、気づくと70万円くらいになっている。

 

次のボーナスで、100万円回復!!といった謎だらけの家計でした。

 

通帳を記帳すると、へこむ日々でした。「なぜだろう。。。」って。

 

 

そんな私達夫婦が、子どもの教育資金をコツコツと貯金で貯められる訳は

 

ないし、ましてや老後の資金が貯まるはずもないと思ったのです。

 

 

という訳で、一般的な経済学的な観点からの理由と、家庭的な理由から

 

資産運用をするしかない!!と思ったわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました